車両が通れる所

確認しよう、通れる場所・通れない場所

【知っておきたい】車の通行するところ・車が通行してはいけないところ

バラ01車を運転するなら、必ず交通ルールを守って運転する必要があります。少しのルール違反や不注意で思わぬ事故に繋がることもあるので気をつけましょう。信号や標識を見て運転するのはもちろん、自動車には通行していいところとしてはいけないところがあります。まず原則として、歩車道の区別があるところでは車道を走行します。道路に面した場所に出入りする場合は、歩道や路側帯を横切っても良いとされています。


その場合、歩道や路側帯の歩行者や自転車に充分注意しましょう。車道では車は左側走行となりますが、幅の狭い道路だったり工事などで左側が走行できない場合は例外となります。二車線や三車線の道路では、原則として、左側を走行して右側は追い越しなどのためにあけておくのが基本です。そして、車が通っていけないところは標識や標示で禁止されているところや安全地帯や立ち入り禁止部分にも車を乗り入れてはいけません。他には歩行者用道路となっているところは原則禁止ですが、警察署長の許可を受けた車は歩行者に注意しながら徐行して走行しても良いそうです。地域によっては、学校の通学路などで指定された時間は車は走行禁止となっていたりする場合もあります。きちんと標識などを確認して走行しましょう。